ワークスアプリケーションズ 決算公告を見てみる

ワークスアプリケーションズ 企業分析

ベインキャピタルが買収へ

赤字により経営難に陥っていたワークスアプリケーションズが2019年6月21日「会社分割(吸収分割)及び新設会社株式の譲渡に関するお知らせ」を発表しました。米投資会社のベインキャピタルが企業向けソフトウエア開発のワークスアプリケーションズ(東京・港、牧野正幸最高経営責任者=CEO)に1000億円規模の資金支援を検討していることが21日明らかになりました。

ワークスアプリケーションズ 決算公告(第22期)

売上高:398億3200万円
売上総利益:55億100万円
営業利益:▲98億9600万円
経常利益:▲100億4100万円
当期純利益:▲179億5700万円
利益剰余金:▲142億9800万円

3期連続赤字の決算、損益推移

2016年6月期
・売上高408億円、営業利益▲1.5億円、経常利益▲7.1億円、当期純利益▲22億円

2017年6月期
・売上高501億円、営業利益1.7億円、経常利益▲9.4億円、当期純利益▲29億円

2018年6月期
・売上高453億円、営業利益▲86億円、経常利益▲92億円、当期純利益▲170億円

2018年6月期に100億円の資金調達に成功

50億円の増資を引き受けたのがシンガポールのファンドACA グループ。

過去の実績

2017年にアメリカの調査会社が発表した「働きがいのある会社」という調査において1位を獲得。さらに「後輩にお勧めしたいインターンシップ」ランキングでは6年連続1位に輝いた実績がある。主な事業内容は大手企業向けERPパッケージソフト「HUE」および「COMPANY」の開発、販売、サポートです。