幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が女性ライターにセクハラ・パワハラ報道

「死ぬこと以外かすり傷」の著書で有名な箕輪厚介氏

幻冬舎・箕輪氏が不倫関係を迫った件

大手出版社の有名編集者である箕輪厚介氏(既婚者)が立場の弱い女性フリーライターに二ヶ月間タダ働きをさせた上に不倫関係を迫っていた事が5月16日配信の文春オンライン記事で報じられています。箕輪氏は既婚者で二児の父親です。

《絶対変なことしない》《でもキスしたい》

セクハラはよくないです。文春砲が炸裂しました。
記事によれば、箕輪氏が執筆を依頼していたライターA子さんに対し、社員編集者とフリーランスのライターという圧倒的に強い立場を使い、肉体関係を迫ったとA子さんが告発したということです。

キングコング西野氏のコメント

今回はノーコメントを貫くことにしている。もよう。

Twitterは炎上中

スッキリ(日テレ)に出演していることに対しても多数指摘あり。

スッキリ

朝のワイドショー、日テレ「スッキリ」は日本の奥様をスッキリさせる、新情報バラエティー。毎週月曜~金曜、8時00分-10時25分に放送しています。

かすり傷とは

物が皮膚をかすってできる軽い傷。 擦過傷 (さっかしょう)ともいう。

不倫とは

配偶者以外と肉体関係を持つことをいいます。

幻冬舎とは

日本の出版社です。

幻冬舎のロゴマーク

「槍を高くかざした原始人」のモデルは見城徹本人のようです。

幻冬舎の編集者 箕輪厚介が主宰するサロン

「箕輪編集室」というオンラインサロンを運営しています。

セクハラとは

職場の力関係を背景にして、性別を意識した言動により、相手を不快にさせること。
どこからがセクハラなのかは難しいですね。

パワハラとは

自らの権力や立場を利用した嫌がらせのこと。