おすすめの革靴ブランドといえば、圧倒的にスコッチグレイン!

スコッチグレインこそがコスパ最強!

スコッチグレインは1964年に創業した革靴ブランド。株式会社ヒロカワ製靴が自社オリジナルブランドとしてスコッチグレインを始めたのがスタートになります。名前の由来は、皮革製品を加工する方法のひとつである「スコッチグレインレザー」からきています。創業当時から、日本人になじむ木型作りとグッドイヤーウェルト製法に力を入れてきました。甲革の裁断から中底の加工、ヒールの貼り付けまで製造工程が細かく分けられており、それぞれに職人の手が行き届いています。高級革靴を購入するなら予算は5万からと言われていますが、スコッチグレインは3万円で購入できちゃいます。何がいいかっていうと、履けば履くほど自分の足になじむという点。スコッチグレインで購入するとほとんどのモデルが、純正のシューキーパーが付属します。30000円代最強の革靴ブランドというにふさわしいです。

あるあるのリーガルとの比較

リーガルは革靴の内部にメッシュを採用しているのに対し、スコッチグレインは内部もすべて革なので耐久性が高いのが特徴です。また、リーガルはクッション材にコルクを用いていますが、スコッチグレインはスポンジを使用しているため劣化を軽減してくれます。

リーガルとスコッチグレインを価格面で比較すると、リーガルの方が比較的リーズナブルなので購入しやすいのが魅力です。また、リーガルの革靴はグッドイヤーウェルト製法のほか、甲部分と底部分を接着剤で貼り合わせるセメント製法を採用した安価な製品も展開されています。

この製法は雨に強いとされているので、高級感よりも実用性を重視した履き潰せる革靴を探している方に最適。用途やコーデに合わせて気軽に革靴を履き分けたい方にはリーガルの製品がおすすめです。

もし、スコッチグレインがきつい。小さいと感じたら

大丈夫です。シューストレッチャーを使いましょう。だいぶ変わりますよ。ツールを靴につっこんで、2日ほど、放置すればOKです。

スコッチグレインってどんな種類があるのか?

スコッチグレインは、20種類以上のシリーズがあります。シリーズは木型(ラスト)によって分類分けされており、同一の木型でも色や形、飾り、ソールなどに違いが有るため、100種類を超える選択肢があります。めちゃくちゃ多いです。

スコッチグレインの中でも最も有名なシリーズは「シャインオアレイン」と「オデッサ」です。

価格別シリーズ一覧

価格シリーズ
60,000 円・インペリアルプレスティージ
48,000 円・インペリアルⅡ
・インペリアルⅢ
・インペリアルブラック
・インペリアルブラックⅡ
39,000 円・オデッサ
・オデッサⅡ
37,000 円・ブローデンⅡ
・チャッカブーツ
30,000 円・ベルオム
・ベルオムマーブル
・アシュランス
・フレキシブル
・4Eウィズ
・アバンス
29,000 円・リベロ
・ファイバーグリップ
28,000 円・シャインオアレインⅢ
・シャインオアレインⅣ
・シャインオアレイン 4Eウィズ

値段による靴の品質の違いは、主にアッパーのレザーです。多少ソールにも違いがありますが、30,000円を超える商品は、海外ブランドの高級レザーとなります。「アニリンカーフ」「ヨーロピアンボックス」「フランス アノネイ社 ボカルー」などです。もちろん、3万円以上の商品の中でも「インペリアル(最上級)」の名前がつくシリーズはより良いレザーを使用しています。インペリアルフランスは、2018年12月に発売されたばかりのハイエンドモデルです。インペリアルフランスという名前は、フランスの有名ブランドJ.M.ウエストンで使われている革と同じものを使われていることが由来になっています。

【毎月「9」の付く日はくつの日】

スコッチグレインでは毎月「9」の付く9日、19日、29日「くつの日」として、靴のお手入れをして欲しい日に設定しています。この日はスコッチグレイン全店で、靴磨きやお手入れについて、特にご相談を受け付ける日としています。何てユーモアのあるブランドなんでしょう。

スコッチグレインのすばらしさ

・すばらしい革質と丈夫なつくりの靴。
・デザインも豊富だし木型もたっくさんある。
・日本中のいろんなところで買える。
・自社で修理もしてもらえる。
・3万とか4万円代で買える。

グッドイヤーウェルト製法は、間に1枚細い革(ウェルト)をかませたもので、表革はウェルトと縫い合わされ、底もウェルトと縫い合わされている。そのため、何度も底の縫い替えが可能だ。縫い直すたびに痛むのはウェルトなので、ウェルトを交換してしまえばリセットできる。

ハンパじゃないです。スコッチグレインは最強におすすめのビジネスシューズです。

スコッチグレイン専門修理工場「匠ジャパン」をご紹介

スコッチグレインは、「株式会社 ヒロカワ製靴」という東京都墨田区の会社が靴を製作しています。ヒロカワ製靴が製作した靴の修理を専門で取り扱うのが、「有限会社 匠ジャパン」です。スコッチグレインは修理して履き続けてこそ、コストパフォーマンス最強です。「匠ジャパン」の修理が他の修理業者と比べて、いかに優れているかをご紹介します。

修理の流れ

1.修理する靴と修理依頼書を匠ジャパンに送付します。
2.職人が修理箇所を確認し電話で修理内容、価格、期間を決めます。
3.修理が完了出来次第、電話がきて配達日を決定します。
4.修理された靴を受け取り、代引きで料金を支払います。

修理メニュー

以下3種類の修理メニューがあります。

  • オールソール交換
  • ヒール/化粧直し
  • その他補修(腰裏直し・腰テープ・仕上げミシン等)

匠ジャパンは上記を全てスコッチグレインの純正品で修理してくれます。

11種類の中から好きなソールを選んで貼り付けてもらうことができます。

匠ジャパンで修理を行った場合、以下無料特典がついてきます。

  • 中敷交換
  • 靴ヒモ交換
  • ワックス仕上げ(靴磨き)

修理は預けてから大体1ヶ月ちょいかかるようです。

3足はあったほうがいい

最低必要だと考える靴の数は3足です。3足あれば1週間で靴に十分な休息を与えながら履き回すことができます。

店舗情報

銀座本店

〒104-0061
東京都中央区銀座4-10-16 シグマ銀座ファースト1F
(旧住所:東京都中央区銀座4-10-4 ステージ銀座フォー1F)
TEL:03-3543-4192
FAX:03-6228-4340
OPEN:10:00〜20:00 (月〜土) 10:00〜19:00 (日・祝日)

・Access・
東京メトロ日比谷線、都営浅草線 ともに東銀座駅
A2出口から徒歩約2分

上野店

〒110-0005
東京都台東区上野7-1-1 JR東日本上野駅構内3階 ecute上野内
TEL&FAX:03-5826-5682
OPEN:10:00〜21:30

・Access・
JR 上野駅構内 ecute上野内

スカイツリータウン・ソラマチ店

〒131-0045
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ1F(イーストヤード1F「ソラマチ商店街」)
TEL:03-5809-7012
FAX:03-5809-7013
OPEN:10:00〜21:00 (年中無休)

・Access・
都営浅草線、東京メトロ半蔵門線 押上駅 B3出口から徒歩約1分

大阪店

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-6-1 あいおいニッセイ同和損保御堂筋ビル1F
TEL:06-6228-1192
FAX:06-6228-4192
OPEN:10:00〜20:00 (平日) 10:00〜19:00 (土・日・祝日)

・Access・
地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 13番出口から徒歩約10分

アウトレット情報

御殿場プレミアムアウトレット

〒412-0023
静岡県御殿場市深沢1312

佐野プレミアムアウトレット

〒327-0822
栃木県佐野市越名町2058

りんくうプレミアムアウトレット

〒598-8508
大阪府泉佐野市りんくう往来南3-28

土岐プレミアムアウトレット

〒509-5127
岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2

スコッチグレインを新宿で買いたいなら

スコッチグレイン 新宿小田急 : SCOTCH GRAIN Odakyu
スコッチグレイン 新宿タカシマヤ : SCOTCH GRAIN Shinjuku
伊勢丹メンズ館
にいくといいでしょう。

アウトレット限定で販売している「ハイエンドモデルの匠“黒箱”シリーズ」

通常靴を買うと緑の箱なんですが、限定企画品の為、黒箱に収められています。
【オフィシャルオンラインストア】黒箱ふぇあを期間限定でやっているようです。

Twitterの声を集めてみた